簡単なマウス操作だけで実用的なAI構築が可能。AI人材不足解決に対する新たな打ち手に

 株式会社MatrixFlowは、4月10日(水)よりクラウド型AI構築プラットフォーム「MatrixFlow」(https://ai.matrixflow.net/)のベータ版をリリースしました。マウス操作だけでAIの構築・活用が可能なプラットフォームを提供することで、AI人材不足の問題を解消し、さらなるAI活用を促進します。
MatrixFlow1

 株式会社MatrixFlow(本社:東京都三鷹市、代表取締役:田本 芳文)​は、プログラミング不要のAI構築プラットフォーム「MatrixFlow」(https://ai.matrixflow.net/)のベータ版を本日4月10日(水)より提供開始しました。本サービスは、統計学やプログラミングなど、これまでAI構築のためには必須とされてきた高度な知識を必要とすることなく、ドラッグ&ドロップのような簡単なマウス操作で、本格的なAIの構築・活用を可能とするものです。

MatrixFlow2

◆AI開発を取り巻く著しい人材不足

 わが国においても、AIを活用できる人材を求める動きは業種を超えて激しさを増しています。政府は2020年末にIT業界全体で人材が約30万人、AIを含む先端IT人材は5万人不足するといった試算(※1)や、AI人材を年間数十万人単位で増加させる戦略(※2)などを発しており、国を挙げてAI人材の育成が急務となっています。
一方、AIを導入するためには数学・統計学の知識、プログラミングの知識だけでなく、構築したAIを実用化するために業界や事業についての知識や知見も必要とされていますが、このような複数の高度なノウハウを有する人材は希少性が高く、人手不足の昨今においては採用も困難な情勢です。
(※1)経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」:https://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html
(※2)内閣府 「統合イノベーション戦略」平成30年6月15日閣議決定:https://www8.cao.go.jp/cstp/tougosenryaku/tougo_honbun.pdf

◆MatrixFlowが解決できる課題

 当社ではMatrixFlowを用いてAI技術へのアクセシビリティを向上させ、企業や個人におけるAI活用を支援します。
MatrixFlowでは、「学習データの準備」「適用するアルゴリズムの選択」「アルゴリズムを制御するハイパーパラメータの調整」だけでAIを構築できます。(なお、オプションサービス「AutoFlow」を利用すると、「アルゴリズムの選択」「ハイパーパラメータの調整」も自動化することができます。)また、それらの作業はボタン選択とマウス操作のみで実行でき、手軽にAIが実用化されます。これにより、従来以上に多くのユーザーがAI技術を活用でき、AI人材の不足を補う打開策となることが期待されます。

◆今後の方針

 様々なニーズに応じてMatrixFlowをよりリーズナブルにご利用いただけるよう、ライトプランを開発します。また製品版へ向けて、各プランの機能もより充実させる予定です。

 フェイスブックでも随時情報発信を行っておりますので、ぜひフォローください。
Facebook:https://www.facebook.com/MatrixFlow-390526064848437/

【会社概要】
 株式会社MatrixFlowは、「誰もがAI技術を活用する社会の実現」をミッションに掲げるAIベンチャーです。大人から子供、ビジネスマンから学生、デザイナーからサイエンティストに到るまで、様々な人々がAIを活用し、素晴らしい着想を得たり、あっと言わせるクールな活動をすることを支援したいと考えています。その実現に向けた第一歩として、プログラミング不要のクラウド型AI構築プラットフォーム「MatrixFlow」を開発しております。

【会社情報】
設立 :2018年10月
本社 :東京都三鷹市
URL:https://www.matrixflow.net/

【お問い合わせ先】
E-mail:support@matrixflow.jp
窓口:MatrixFlowカスタマーサポート