面白法人カヤックは11月9日、IBM Watsonを徹底的に無駄遣いした、寿司AI(人工知能)チャットボットを公開した。
ガリオは、日本アイ・ビー・エムより提供されている『IBM Cloud』上のWatson APIでつく られたLINEのチャットボットで、寿司に特化した超高性能AIです。LINEで友だちになれば 自由に会話することができます。

https://www.kayac.com/service/client/1655

LINE QRコード:

【ガリオからのメッセージ】​

 あっしの名はガリオってんだ。寿司を正確に握るために生み出された寿司職人AIってところでい。あっしと友だちになってくれりゃ、おめぇさんのスマホ の中で毎日寿司を握ってやるぜ!仲良くしてくれよな!

【ガリオの職人技】​

 普通の会話はもちろんのこと、寿司に関する職人技もガリオにお任せください。 人工知能 IBM Watsonを活用したガリオの職人技は、全部で3つあります。
■ 心握り寿司​ :AIによる感情分析の機能を用いて、今の心境に合った寿司を握ります。
■ 寿司スキャン​:AIによる画像解析の機能を用いて、送られた寿司ネタを判定。
■ AI創作寿司​ :AIによる自然言語解析により、ユーザーの入力に基づいて寿司を創作。

IBM Watsonを無駄遣いし、寿司に特化した超高性能寿司職人AIに仕上がりました。

【藤原麻里菜氏による無駄づくり記事】

 「ガリオで遊んでみた」と題し、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属/ YouTuberである藤原麻里菜氏による記事『エンターキーを押すごとに寿司がもらえる人工 知能をつくった』を同時公開しております。

【制作協力】
 企画・制作:面白法人カヤック ​https://www.kayac.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
 面白法人カヤック 片山 直也