〜 これからはストーリー投稿の分析データがアカウント運用成功の鍵に! 〜

Instagram の アクセス解析(インサイト機能では確認できないデータを可視化し、ストーリーズまでAIがプロファイリング!
進化するInstagram機能の可視化を「AILINK」が実現します。

人工知能によるプロファイリング技術(AI が SNS 上のさまざまなデータから個人の趣味・嗜好を予測・解析する技術)を基に、「企業と個人の新しい繋がりを創るプラットフォーム」を提供するAIQ(アイキュー)株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役 高松睦)は、独自のAIプロファイリング技術を活用してInstagramアカウントを分析し、親和性の高い良質なファンの増加を実現するInstagram運用支援ツール『 AILINK 』に、今回新たにInstagramのストーリーズ投稿をプロファイリングする新機能「ストーリー分析」の提供を本日より順次開始いたします。

昨年、Instagramの国内月間アクティブアカウント数は2,900万人(2018年9月時点(※1))を突破し、ついにFacebookの国内月間アクティブユーザー数を超えたことが発表されました。
現在、Instagramは国内4大ソーシャルメディアの中でも特に大きな影響力を持つコミュニケーションツールとして、10代・20代の女性を中心とした若年層にとって日常生活の一部となっています。また、利用者とビジネスの距離感がきわめて近いInstagramは、今後も企業にとって大きなビジネスチャンスの場であり、重要なプラットフォームになると予測されます。

昨今では、24時間限定で画像や動画を気軽に投稿しシェアできる「ストーリーズ(Stories)」機能の人気もますます高まり、日本の国内Instagramユーザーが1日に投稿するストーリーズの投稿数は700万件(2018年9月時点)にも及び、ストーリーズ機能のリリース以来、2年間で20倍(2016年9月と2018年9月の比較(※2))と急速に伸びております。

そのような背景のもと、今回、Instagram運用支援ツール『AILINK』に新機能「ストーリー分析」機能を追加いたしました。通常の投稿だけでなくストーリーズまで範囲を広げてプロファイリングすることにより、企業がまだ出会っていないターゲット顧客層の新規開拓と、より親和性の高いInstagramユーザーを発見することができるようになります。
今後もAIQは、企業が求める新たな顧客とファン獲得の実現をより一層支援いたします。

参考
(※1)日本経済新聞社
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37215360R01C18A1000000
(※2)Facebook newsroom
https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/11/japan_maaupdate/

■ 新機能「ストーリー分析」について

Instagramのインサイト機能では、ストーリーズ投稿に関する全てのデータは14日間で消滅してしまいますが、AILINKは全運用期間のストーリーズ投稿データを蓄積できるため、いつでも必要な履歴データまで遡り、アカウント状況や投稿の効果を確認することができます。

今回の機能追加により提供される新機能は2点です。
⒈ ストーリーのクリエイティブ管理と最適化 (クリエイティブ内容/投稿時間)
⒉ ストーリーのアクティブユーザーを可視化 (視聴リピーター=コアファンを発見)

ストーリーのクリエイティブ管理と最適化
▲『AILINK』ストーリー分析結果画面

① ストーリー毎の視聴状況を閲覧・確認できる
・視聴数(投稿したストーリーズが閲覧された回数)
・視聴リピーター割合(コアファンの割合)
・ユーザーの離脱数
② 視聴時間/投稿時間による平均視聴者数を確認できるため、視聴時間と投稿時間の最適化が可能
③ 複数のストーリーの視聴数及び視聴リピーター割合を比較することにより、クリエイティブのA/Bテスト結果の効果測定が可能

ストーリーのアクティブユーザーを可視化
▲視聴リピーターリスト表示画面
▲非フォロワーリスト表示画面

① 投稿ごとのフォロワーアカウントを一覧表示・閲覧できる
・フォロワー割合の可視化
② 直近に投稿されたストーリーのうち、複数のストーリーを視聴したアカウント(コアファン)を一覧表示・閲覧できる
③ 投稿ごとの非フォロワー(ファン潜在層)アカウントをリスト化し、自動でフォローや「いいね!」などのアクションを行い、非フォロワーをフォロワーへ誘導できる

■「AILINK」について

(サービスサイトURL:https://aiqlab.com/ailink/
独自のAIプロファイリング技術を活用してInstagramアカウントを分析し、親和性の高い良質なファン増加を実現するInstagram運用支援ツールです。
昨年より本格的に提供を開始し、ナショナルクライアントを中心に約100企業を超えるInstagramアカウントの運用支援を行い、フォロワー増加率320%、エンゲージメント率400%アップの驚異的な実績を誇ります。
企業のInstagramアカウントにおける良質なファン増加を実現し、導入企業様より高い評価を得ています。

今後も、AIQは”あなたの「本当の好き」を共に発見し、一歩先のライフスタイルを創出する”を企業理念に、人工知能によるプロファイリング技術を基に「企業と個人の新しい繋がりを創るプラットフォーム」を提供してまいります。

【会社概要】
会社名:AIQ(アイキュー)株式会社
所在地:東京都千代田区外神田三丁目13番2号 LIFORK AKIHABARA2 RB1C
代表者:高松 睦
URL:https://aiqlab.com/
事業内容:人工知能に関連する先端技術開発やそれらを活用したサービスの提供
AILINK :https://aiqlab.com/ailink/

【本サービスに関するお問合せ先】
AIQ株式会社 広報・PR:岡本 加純
Email:info@aiqlab.com
TEL:070–4196–5547

その広告費用無駄にしていませんか?
~AILINKについてAI MEDIAがAIQ株式会社に伺ったことを以下にまとめてみました。

 Instagramではユーザーが、写真やコメントなどを投稿している。
AIQ株式会社(以下、AIQ)は、まずは、その投稿した情報に対して、写真からは、どんなものが写されているか画像認識で、コメントは、言語処理処理のAI技術を使って分析し、アカウントを持たれているユーザーの属性や嗜好などを把握している。
その分析データは、なんと日本人だけで700万ユーザー分の蓄積があるという。

 一方、企業からすると届けたいメッセージを誰に送ったらよいか探そうとしても難しい。普通に広告しているのでは、必要とする個人にまで絞り込むことはできないし、やろうとしてもその労力は大変なのである。

 今回取り上げたAILINKというのは、AIQの情報資産を使って、企業が提案したいターゲット層に対して、マッチングするであろうユーザーを提案してくれるのである。
その結果、一般的には、エンゲージメント率(投稿に対して反応を示した割合)が2~5%に対して、なんと30%以上に改善することが多いという。この数字は、フォロワーの数を増やしながらも達成している数字なのである。
これほどの精度で、必要としているユーザーを見つけ、情報を提供できるマッチングこそ、大きな特徴となっている。

このマッチングを、しっかり行わないと、無関係なユーザーをフォローすることになり、企業から、なにか情報を伝えても、「なんで私なの?」という疑問にも通じ、ユーザーに迷惑がかかるだけでなく、
企業にとって、余計なコストや無駄が生ずることになる。
こういうことから、マッチングには必然性が必要であり、マッチングをきちんと行うことが必要だとAIQは考えている。
これは、情報を発信する側と受け取る側の、双方にとってのメリットに繋がる。

勿論、安価なサービスにありがちな、外国人のユーザーや、人ではないボットなどの無駄なアカウントに対する、フォローや、いいね! というのは排除されている。AILINKではユーザーをしっかり分析し、有意性のあるユーザーを囲い込んでいるためである。

 AILINK側でデータを蓄積していることから、ストーリー分析のように14日でデータが消滅することはなく、企業が独自に分析するための、分析データの取得も可能になっている。
企業にとって、これだけの効果を、安価な費用で期待できるというのは魅力であろう。